【図解】コンビニをコンビニの隣に建てるのも一理ある話

セブンイレブンの隣にファミリーマートがあるとか、スーパーが並んで立っているとか、競合する店舗が固まっていることって結構ありますよね。「どうしてわざわざくっつけて建てるんだろう?」「コンビニは離して建てたほうが便利なのに」と思いますが、実は近くに建てるのは一理あるよね、という話をします。

わかりやすくするために、海の家で考えます。

ある海水浴場には、海の家は1店舗「赤の家」だけです。

そのため、海岸線にいる客のすべてを、この「赤の家」が抑えています。

さてあなたは、海の家ビジネスに新規参入するとします。「青の家」を建てるのは、どこが一番いいでしょうか?

「赤の家」から離してこのあたり?

しかしこの場合だと、「最寄りの海の家」は以下の図のようになります。浜辺を半分ずつ分け合うような形になります。

でも赤の家の隣に建てると、

このように、大部分の客から見て、最寄りの海の家は青の家になります。

このように、既存の競合店の近くに店を建てると、広い範囲から見て最寄りの店舗になりやすいです。近くに建てるのも、少なくとも一理はあるなという話でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。