「うんこを漏らしたことがない奴は、人間としての深みがない」父はそう言った

「うんこを漏らしたことがない奴は、人間としての深みがない」父はそう言った。

僕は当時、県内でも有数の進学校に通う高校生であり、駿台模試での東京大学の合否判定もA判定だった。そんな頭脳明晰だった僕が、聞いた父の言葉。そこから推理・推論を重ねた結果、導き出された論理的帰結は、「あ、お父さんも、うんこ漏らしたことあるんだ」だった。そして、何を隠そう、その数時間前。僕もうんこを漏らしていた。

怒涛の書き出しで申し訳ない。時を戻そう。

その数時間前、僕は猛烈な便意に耐えていた。それは、当時通っていた高校の最寄りの駅に着いた後、校門にたどり着くまで15分程度、歩いているその道のりだった。脂汗が止まらない。駅を降りた時点ですでにボルテージは最高潮だった。そこから15分だ。とても耐えられるものではない。なぜ駅でトイレに駆け込まなかったのだろう。僕は悔いた。時間が永遠に感じた。校門にはいつまで経っても辿り着かないが、肛門には十分辿り着いていた。我慢の限界だった。

何度、脇道に駆け込んで、野グソをしてしまおうと思ったか思い出せない。極限状態だと、それもいい選択肢に思えた。人気のない脇道が、「ほら、おいでよ」と、何度も僕を誘ってきたことは、30歳を越えた今でも鮮明に覚えている。16歳だったあどけない僕を、妖艶に誘うあの脇道、田舎道を。

ノックノック。肛門をノックする音が聞こえる。ノックの音はどんどん大きくなり、何もかも飛び出しそうだ。そんな時、僕は校門にたどり着いた。でもそこからが長い。校門から校舎へは、数分かかるのだ。脂汗まみれにまみれながら、僕は歩みを進める。校内に入った今、脇道はない。野グソという選択肢はもうない。あの妖艶に誘う田舎道はないのだ。田舎道が恋しいと、あんなに思ったことはない。不退転の決意を持ち、僕は進む。

その頃から僕の頭は、最悪の事態を想定し始めた。もし僕の”思い”があふれてしまったらどうしよう。その時はどう取り繕おうか。被害を最小限にするには…。そんな時、僕は、友達のエビス君の話を思い出した。

ちょっとここで、エビス君の話をさせてほしい。エビス君は、僕の友人だ。彼は、小学生の頃、遠足の時間にうんこを漏らしたことがある、人間としての深みがある人間だ。遠足というアウェイな空間、しかも小学生だったことを考慮すると、その心中察するに余りある。うまくコントロールできなかったのは仕方がないことだろう。彼は遠足で、不幸にも人間としての深みを出した、というかうんこを、出してしまった。

小学生は残酷である。

「あれ?なんか臭くね?」周囲の子どもたちが言い出す。その時、エビス君はどうしたか?ここがポイントだ。この窮地で、どう言ったか?こうだ。人間の深みはこういう時に現れる。彼はこう言った。

「わりぃ、屁ぇこいた」

強い。守りではなく攻めの姿勢だ。攻めることで被害を最小限にする。損切りの精神だ。カウンターの精神だ。グロッキーのボクサーが、あえて踏み込んで前に出る。そんな凄みを感じる。この返しは素晴らしい。まさに人間の深みがある対処である。やはり、脱糞は人を強く、深くするのだ。

さて、エビス君の話は終わりだ。校門を通り抜けたが、肛門は通り抜けていない高校1年生の僕に、話を戻そう。

「最悪のケースでも、僕にはエビスメソッドがある。」錯乱状態の僕は、こんなロジックを心の底から信じるほどだった。校門をブレークスルー、肛門もブレークスルー寸前の僕は、どうにかこうにか校舎へと辿り着いた。落ち着いて息を整えながら靴を履き替える。校舎の中へと進む。

最寄りのトイレへと歩を進める。何を隠そう私は、中高一貫校に通っていたこともあり、中学生向けの校舎のトイレへと進んだ。それが最寄りだったのだ。青息吐息、呼吸法を少しでも誤れば大惨事、という中、背丈が一回り小さい中学生に紛れて、僕は中学1年生用のトイレへ進んだ。やった!トイレについた!

嬉しくて涙とうんこが出そうだった。ここまでたどり着いた僕を褒めたい。湧き上がる自尊心。こんなに誇らしい時は、16年間生きてきて一度もなかった。

ベルトを緩める、しゃがむ、ズボンをずらす・・・

が、間に合わなかった。

下ろしかけたズボンの上にもりもり乗っかるうんこ。茫然自失とはこのことだ。最高潮まで登った解放感は、解放し切れずに、最悪の結末で終わった。

何もかもが信じられなかった。

そんな僕を現実に引き戻したのは、うんこのにおいだった。うんこは臭い、本当の意味で、臭さを知っているのは読者の中で何人いるだろう?みんなは、水の中にいるうんこの匂いしかしらない。水の中にダイブしているから、たいして臭くないのだ。水まで届かず、地上に降り立ったうんこは本当に臭いと、この時に知った。

この臭さを、周囲が放っておくはずがない。ましてやここは、中学1年生向けのトイレである。ただならぬ臭気に、中学1年生たちが気づきだした。

「あれ?なんか臭くね?」

「ほんまや!めっちゃ臭い!」

トイレの外で中学生達が騒ぎ出す。僕は何もできずに茫然と立ち尽くす。彼らは騒ぎ続ける。

「もしかして鈴木じゃね?」

「確かに!あいついっつもウンコしてるもんな!」

念のため説明しておくが、私の名は、鈴木ではない。彼らの友人に、中学1年生の鈴木君がいるのだろう。扉の外から声は続く。

「おい、鈴木!うんこくっせぇぞ!」

「出てこいや!こらぁ!」

と言いながら、彼らは、僕のいるトイレに体当たりを始めた。

「おーい!スズキィ!(ドン!ドン!)」

扉の先には、3歳も年上の男がいるとは思わず、彼らは体当たりを続ける。僕は怖くて、下半身丸出しで震えていた。

「キーンコーンカーンコーン」

1時間目のチャイムが鳴った。扉の外の奴らは、「鈴木ィ!はやく来いよ!ギャハハ!」と笑いながら去っていった。

ーーーーーーーー

「うんこを漏らしたことがない奴は、人間としての深みがない」

“体調不良”で早退する僕を拾って、自宅に軽トラで帰る途中、父はそう言った。怒涛の時間だった。便意と感情のジェットコースター。本当に色々とあった。とんでもない経験だった。そんな僕は、父に返した言葉は、

「そうだね」

の一言だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。