「市場には勝てない」という呪い

個人投資家は呪われている。市場には勝てないという呪いにかかっている。

「市場平均を上回ることは無理」
「市場は効率的なんだから」
「アクティブ運用の平均はインデックスに劣る」
「手数料と時間の無駄」

投資家たちは、こうした言葉を投げつけられ、市場には勝てないと思い込んでしまう。結果、何が起きるか。

彼らは無気力になり、マーケットと向き合うことを諦め、学ぶことを辞めてしまう。

それでいいのだろうか。

文字通り命を削って、必死で貯めたお金である。それをリスクに晒しておきながら、何も学ばず、ただ「市場全体を買って持ちつづければ報われる」と信じて祈るだけでいいのだろうか。無批判に受け入れるのは、宗教を信じるような態度のように思える。

確かに、「半端な努力をするぐらいなら、市場全体に投資したほうがマシ」というのは私も同意する。でも、この呪いを受け入れることは、学ぶことの放棄につながってしまう。これは、その人の可能性を殺してしまう。大きく資産を増やす可能性も、資産を大きく失うのを回避する可能性も、どちらも殺してしまう。

じゃあ、呪いを解くにはどうしたらいいんだろう?

呪いにかかっていない人を見るのが、一つの方法だと私は思う。
安定的に高いパフォーマンスを出している人、長期的に生き残って成果を出している人を見るのがいいと思う。単に生存者バイアスでは片づけられないような人だ。

そうした人たちが成果を出し続けているのを見ると、「あ、勝っている人がいるんだ」と気づける。それだけでいい。勝ち続けている人を見れば、呪いは解ける。何か方法があるはずだ、と信じることができる。あると信じれば、必死に考えることができる。

信じて呪いから解き放たれた人は、もう一度、学び始めることができる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。