筋トレを始めたら、すぐに自分を記録し始めよう。

記録をはじめよう

筋トレを始めて間もない皆さんが、今すぐやっておくべきことは、

ずばり、「今の自分を記録すること」です。

記録しておくことのメリットは以下の3つです。

  1. 変化を感じることができ、モチベーションが上がる。
  2. 客観的にモニタリングすることで、正しく努力できているか分かる
  3. 面白いビフォーアフター画像/動画が作れる

また、できる限り早い段階で、記録を取り始めることをおすすめします。早いほど、ビフォーアフターの差を、大きく感じることができるからです。

では、おすすめの記録の残し方を説明します。

おすすめの記録の残し方

写真/動画を取っておく

頻繁にとる必要はありません。おすすめのポーズは以下。

  • ライザップのCMのように、情けない猫背でゆっくり回る動画
    →馬鹿げていると思うかもしれませんが、絶対に撮るべきです。後で、取らなかった事を後悔します。これは最初の1回だけでいいです。あとで自分版のライザップCM風動画を作りましょう。
  • 正面からの写真
  • 側面からの写真
  • ポーズを決めての正面からの写真(以下参照)
  • ポーズを決めての背面からの写真(以下参照)

体重計/体組成計で測定する

体重、体脂肪率あたりをモニタする習慣をつけましょう。
体脂肪率の測定はあまりあてにはなりませんが、変化を感じるには十分だと思います。毎日同じタイミングで測定するのがおすすめです。

ちょっと良い体組成計を使うと、データの入力、グラフの可視化まで、自動でやってくれるので便利です。私はタニタの以下のモデルを使っています。Bluetoothでスマートフォンと連携してくれます。

タニタ 体重・体組成計 インナースキャンデュアル ホワイト RD-906‐WH スマホ対応 日本製

体型を測定する

メジャーで体型を測定します。おすすめのポイントは以下です。

  • 胸囲
  • ウェスト
  • ヒップ
  • 二の腕
    ⇨力こぶを作って左右両方をはかります。

息を吐ききったタイミングで測定するのをおすすめします。

また、普通のメジャーでは一人で測定するのが難しいです。そこで、片手で測定できるタイプのメジャーを使うのがよいです。

通常のメジャーのように引き出した後、

以下のようにはめて、ボタンを押すと自動的に巻き取る仕組みになっています。

これで、胸囲や二の腕の太さの測定も簡単です。千円程度と安いので手頃ですし。

筋力を測定する

トレーニングをし始めても、すぐには体型は変わりません。ですが、持ち上げられるウェイトの重さ、回数は上昇していきます。なので、最初のころは、筋力の伸びで成長を感じるのが良いと思います。記録しておくべき項目は以下です。

  • 種目
  • 重さ
  • 回数

どれも、「これ以上1回もあげられない」というところまで追い込んだ値を記録しておきましょう。

メモ帳など、テキストで記録すればよいです。私は、入力の手間を省くため、アプリ「俺の筋トレ」を使っています。成長っぷりもグラフで見れます。

俺の筋トレ iPhone版

俺の筋トレ android版 紹介ページ

まとめ

  • 筋トレする人は、自分の記録をつけるとモチベーションUPになっていい
  • おすすめの記録方法は以下の通り
    • 写真や動画
    • 体組成計
    • メジャーでの測定
    • トレーニングメニューの記録
  • 記録し始めるのは早いほどいい。劇的なビフォーアフターを感じるため。

以上です。

Twitterをやっています。是非よろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。