陰気なマッチョ、この世に存在しない説

「嘘だろ…?いや、そんなはずは…」

僕はまだ信じられないでいた。しかし、自分の記憶をたどりにたどって、たどり着いた結論は、やはり変わらなかった。

「本当だ…僕は、陰気なマッチョを見たことがない…」

仮説が確信に変わったその瞬間、僕は駆け出していた。じっとなんかしてられなかった。10分後には、3週間ぶりに近所のジムにいた。

僕は、精神的に疲れていて、最近はジムにも来れてなかった。

仕事のプレッシャー、何もできないもどかしさ、そこからくる自己肯定感の低さ。負のループ。

これまでの無理がたたってか、すべての歯車が粉々に砕け散っていた。何もかもうまく回らなくなっていた。体は不調をきたし、酒にも溺れ、日々落ち込んで過ごしていた。

当然、そんな状態で仕事は何ともならず、最終的には仕事の負荷を下げてもらった。

しばらくの休養を取った後、僕は、ストレスとの付き合い方、精神的にタフであるにはどうしたらよいかを調べ始めた。色々な本を読み漁りつつも、しっくりこない日々が続いていた。「どうしたら楽しく、前向きに生きられるのだろうか」「明るい人と、暗い人は何が違うのだろう?」そんなことを考えていた。そしてある日、僕は、あの本を読んだ。とある仮説が頭に浮かんだ。

ここで話は冒頭に戻る。

「嘘だろ…?いや、そんなはずは…」

僕はまだ信じられないでいた。しかし、自分の記憶をたどりにたどって、たどり着いた結論は、やはり変わらなかった。

「本当だ…僕は、陰気なマッチョを見たことがない…」

この世の中には、陰気なマッチョが存在しない、という真理に、僕は気づいてしまった。思い返すと、僕が出会ったマッチョたちは、全員陽気で前向きだったのだ。

「ストレスに強くなるために、頭でっかちな理論なんていらない。」
「陽気に人生を楽しむには、マッチョになるしかない。」
「何が “スタンフォードのストレスを力に変える教科書” だ。力が先だろ!」
「仕事の負荷を下げて、筋トレの負荷を上げよう。」

そして僕はジムで、筋トレに励んでいた。

念のため、他の人の意見も聞いてみよう。筋トレのインターバルの間に、知り合いのマッチョにLINEを送る。

「陰気なマッチョって見たことある?」

送信した後、インターバルの終了を告げるアラームの音が響く。iPhoneをダンベルに持ち替え、僕はもう1セット、大胸筋を追い込む。次のインターバルには、もうマッチョから返信があった。

「見たことないっスね!」

QED。証明終了だ!

なんと陽気な文面だろうか。この返信自体が、仮説を証明している。しかも、マッチョにまみれたマッチョですら、陰気なマッチョを見たことないなんて。

さて、ここまで読んだ君は、こう反論するかもしれない。

「因果関係が逆なんじゃない?」
「筋トレすると陽気になるんじゃなくて、陽気だから筋トレできるんじゃない?」

細かい論理を言いたくなる気持ちも分かる。でも僕はこう反論する。

「一つ言えることがある。そう言う君は、確実に筋トレをしていない。」

「大丈夫。筋トレしたら、そんな細かいことは気にならなくなる。」

2か月間、真剣に筋トレしてみて分かったのだけれど、確実に体と心はつながっている。体を動かすと、なんだかヤバい物質が脳から出て、なんだかヤバいぐらい精神が向上する。なんだかすごくヤバいんだ。(語彙がヤバめなのは、筋トレ後なので、細かいことがどうでもよくなっているからだ。筋トレヤバい。)

そう、筋トレをしても、筋肉はすぐにはつかないが、精神は結構すぐ回復するのだ。

ということで、みんなも筋トレしよう。今すぐジムに行こう。

まだ悩んでる?じゃあこの本を読もう。

Twitterやっています。よろしくどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。