【図解】なぜドラクエのパーティは4人なのか?

ドラクエのパーティはどうして4人なのか、考えたことがありますか?3人でも5人でもなく、なぜ4人なのでしょう?

ドラクエの戦闘って、「攻撃」と「守備」のバランスをとるゲームです。攻めてばかりでも、回復ばかりでもダメです。だから「攻」と「守」の間には、トレードオフががあります。

武闘家は攻撃が得意だけど、回復魔法ができない。僧侶は回復魔法ができるけど、攻撃が苦手、みたいな。

さて、もちろん、パーティーには「攻」が強い人が一人必要ですよね。

同じように、「守」がうまい人が一人必要ですよね。回復しなきゃ。

よく考えると、相手によっては、「攻」が必要な時もあれば、「守」が必要な時もあります。だから、攻守のバランスをうまくとる人が一人必要です。

これだけで良さそうなもんですが、「いや、本当に、バランスをとるだけでいいの?」「もっといいやり方ないの?」と、この「攻」と「守」のトレードオフを壊す人が必要になります。だからこうなります。

遊び人がたまに、ドラゴンに変身して、とんでもない攻撃力と守備力を手にいれる、的な「今までよりうまくやる」が必要になります。そうしないとチームが成長しません。いや、別に遊び人じゃなくてもいいです。補助魔法で能力をあげる奴、とかでもいいです。ルカナン、スクルト、バイキルト。とにかく、「チームの攻撃力をあげる」「たまにドラゴンに変身して、とんでもない戦力になる」「相手の守備力を一気に下げる」「チームの死人を全員生き返らせる」みたいな、一気に効率よくする、つまり、トレードオフを壊す人がいないと、効率よく戦えません。

だから、ドラクエのパーティは4人なんだと、僕は思います。

さて、ここまではドラクエの話でしたが、現実世界の話をしましょう。

世の中には、チームがあふれています。そして、大体、何かと何かのトレードオフがあります。そして、そのトレードオフの中で、以下の四人がいると、そのチームはうまくいきます。

  • Aが得意な人
  • Bが得意な人
  • AとBの間で、必要に応じてバランスをとる人
  • AとBの間のトレードオフを壊す人

さて、たとえばエンジニアだと、大体、「スピードと品質のトレードオフ」に悩まされます。だから、理想的なエンジニアのチームは、以下の人たちでできています。

  • スピード感あふれる開発をする人
  • 品質を重視し安定感あふれる開発をする人
  • 状況に合わせて、スピードアップを測ったり、品質UPを図る人
  • 新しいテクノロジーで、開発効率を向上させる人

さて、僕はエンジニアですが、あなたは何をしていますか?あなたが今やっていることには、何と何のトレードオフ、「あちらを立てればこちらが立たず」がありますか?そして、今のあなたのチームにはどういう役割が足りていませんか?それを踏まえて、あなたは何になりたいですか?

僕は、何が足りていないかを把握して、いい仲間を引き入れる、もしくは、自らバランスをとる、勇者になりたいです。

勇者見習いのTwitterアカウントはこちらになります。よければフォローをよろしくお願い申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。