【図解】続かない努力と続く努力

スポーツジムに通うとか、英語の勉強をするとか、続きづらい努力ってある。

続かない努力と、続く努力の違いって、こんな感じなんじゃないか。

上:続かない努力、下:続く努力。

スポーツジムに通う例で説明すると、

「太ってきたし…」「苦しいけど…」と思いながら通っている時は上の状態。苦痛なので、外からエネルギーを加えないと続けられない。

でもやっているうちに、いいところがわかるようになってくる。「体形が変わってきてうれしい」「思い切り体を動かすと、何だかすっきりする」のように。

下の図はそんな風に、行動が、苦痛から、ご褒美に変わった状態。こうなると、その努力自体が報酬なので、放っておいても玉は転がっていく。つまり、努力が続く。

人が何かにハマる瞬間っていうのは、坂道が下り坂になった瞬間なんじゃないかと思った。

もう一つメモしておくと、

何かに取り組むときに大切なのは、上り坂の状態で必死に玉を押し上げることじゃなく、坂道が下り坂になるように、それが無理なら、せめて緩やかな下り坂に、することなんじゃないかとも思った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。