ものをつくるならソフトウェアがいい

僕はへっぽこプログラマで、ソフトウェアやらプログラムが好き!ってわけでもない。ただ、モノを作るならソフトウェアを作るのが一番好き。

理由は、「すぐに作れてすぐに結果が分かる」からだ。

メカ設計とか回路設計とかだと、昨今だと3Dプリンタ技術が発達してるとは言っても、「考えて形にする」までの期間が長い。とにかく長い。

金型を起こすので数か月・・・とか、そういうオーダーになってくる。

でも、ソフトウェアだと、手元ですぐ作って、すぐに結果が分かる。この点だけは、ソフトウェアでものづくりできて本当に良かったと思う。

僕はおっちょこちょいなので、絶対にミスできない図面提出24時!みたいなことは絶対に向いてない。気軽に作って、気軽に結果を確認したいのだ。

そう思うとやっぱりソフトウェアがいい。一人で作れてすぐに確認できて、とにかく手軽さがいい。だからモノを作るなら、強いていうならソフトウェアで作るのが好き。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。