【投資本要約】ザ・トレーディング──心理分析・トレード戦略・リスク管理・記録管理

本の概要

以下の本の所感・要約を記載します。

ザ・トレーディング──心理分析・トレード戦略・リスク管理・記録管理

所感

すごく良かった。

分厚い一冊で、メンタル面、トレーディングシステム、資金管理、記録管理と、一通りについて触れられている。テクニカルトレーダーを目指す人は、キャリアの早い段階で読んでおくといいのでは。

メンタル・資金管理・記録管理については、どんな手法を使っていても参考になる部分が多いと思う。特に、資金管理で賭け金の設定方法に迷っている場合に、一つの手法として参考になるかも。

また、トレードシステムが、1式紹介されているのはいいと思う。

僕自身はミネルヴィニ系のブレイクアウト狙いのトレードスタイルでやっているけれど、この人のトレード手法はその真逆だと思う。トレンドなら押し目で買うし、保ちあいなら過熱したところで逆張りするスタイル。で、真逆だからこそ、相互補完的に知っておくべきだと思った。

ブレイクアウトが収束した状態からの乖離を狙う戦略だとしたら、このエルダーさんの手法はどちらかというと平均への回帰を狙うような手法で、それが”プロのやり方”だと言っている。

あとは、トレード手法を古典的なコンピュータいらずのチャート分析と、コンピュータ必須の現代的テクニカル手法に大別した場合、後者の現代的手法について、基礎から一通り紹介されている点もいいと思う。MACD, RSI, ストキャスティクスなど、あのあたりを一通り知るにも便利だと思う。

各章の要約

※Twitterのスレッドを見るほうが見やすいかもしれない。

※以下のMACDの感想は、MACDが乖離を見せているときにのチャートが、偶然ヘッドアンドショルダーの形になっていることを指したメモです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。