トレードのトレードオフ

ぼんやり考えている。テキトーだけどこんな感じの分布なのかなと思ったりする。

めちゃくちゃ儲かる機会は、その瞬間のその場所にしかない。そこそこ儲かる機会はいろいろな場所の様々な時に存在する。

みたいになってんのかな?

で、システムトレードは右下を狙いにいく感じなのかも。右下から何とか右上に行こうとしてるのかも。どうしても「どこにでもある優位性」なんてのは少ないので、そこをしっかりしたバックテストで、なんとか掬い取る。例えば「売られすぎは行き過ぎる」みたいな仮説に基づいて、恐怖で買うのは右下の代表例に思う。どの市場、どの時代にも存在しそうなエッジではある。でもその分そこまで強くないよね。

一方で裁量系のトレードは、左上を取る。誤発注のジェイコム男、みたいな話もあったけど、こういうのは左上の極みと言えそう。で、左上のアプローチは、時間、頭脳etcを、研究と相場に張り付くことで、繰り返し取りに行くことで右上を目指すような感じがする。

どっちがいいとかそういう話ではなくて、こんな関係なのかしら、というメモでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。