イヤイヤ期の娘に非日常を提供する

娘がいわゆる”イヤイヤ期”です。英語で言えば”ノーノータイム”。NOの連打、五月雨、大洪水。なかなか言うことを聞いてくれません。

「〇〇ちゃん、服着よっか」「いや!」

というやり取りが毎日繰り返されますが、それを乗り越えないとお世話ができません。最近気づいたコツとしては、「なんとかして特別な体験と結びつける」というのがあります。

「保湿クリームぬりぬりしよっか?」ではなく、「今日はソファーの上で保湿クリームぬりぬりしよっか」とか「赤ちゃんごっこしながらぬりぬりする?」などと、非日常体験をプラスすることで、お客様からのYESを引き出す。そういうアプローチを身につけました。

今日も娘とのおままごと中に、激しい便意を催しました。

「トイレ行っていい?」と聞いても「ダメ!きょうはおやすみ!!」とおままごとからの離脱を許してくれません。でもおとうさんはもう限界でした。そこで、非日常のプラスワンの法則にしたがい、苦肉の策として

「おとうさんのうんちするとこ見ててくれる!?」

と聞いたら、「いいよー」とのことで、トイレについてきてくれました。「うーん、ってするとでるかも?」という娘のアドバイスのおかげか、うまく用を足すことができました。

娘が、どういうメカニズムで意思決定しているのか考えながら、こう提案したら通るんじゃね?みたいな、営業マンのような試行錯誤を楽しんでいきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。