反転シグナル”フォロースルーデー”とは?

この記事について

下落相場からの反転の兆しとして、「フォロースルーデー(follow through day)」と呼ばれるものがありますが、明確な定義がよく分からなかったので、調べました。

書籍や人によって、定義は様々あるようです。ただ、この記事では以下の動画の主張を参考にします。

フォロースルーデーとは

上記の動画の定義によると、以下のすべてを満たした日を指すとのことでした。

・NASDAQ総合指数またはS&P500のいずれかで見て

・直近の安値の日から4日以上経過した日に

・1日で1%以上の上昇をし※1

・前日よりも出来高が多い(直近の平均以下でもよい)

他の定義によっては、「4日以上経過して」というのがなかったりするようですが、この程度のフィルターがかかっていたほうが、下降トレンド中の自然な反発を、反転と誤認識するのを避けられるのかもしれません。

※1 上昇の閾値について (2020/12/15 追記)

閾値をどう設定するのがよいかは、市場のボラティリティに合わせて変更する必要がある、という説もあります。ボラが高いほど、高い上昇を必要とする、という説です。(詳しくは「株式売買スクール」参照)

株式売買スクール」の執筆時点では1.5%と記載がありました。1%~2%の間で設定するようです。

参考:株式売買スクール

フォロースルーデーのポイント

また、上記動画では他にも、フォロースルーデーのポイントとして

・マインドセットを下降モードから、上昇モードに切り替えるタイミングになる

・上昇相場の初期に気づくことができるので重要

・すべての反転がフォロースルーになるとは限らない

・フォロースルーデーがあっても再度安値を切り下げて反転することもある

とありました。

コロナショック時のフォロースルーデー

具体例を通してみてみましょう。画像は上記動画のなかのキャプチャに加筆したものです。

・画像はQQQのチャート。底をつけたのは3/23(図.底)

・そこから4日以上経過した日でフォロースルーデーを探す。

・5日目に3.64%の上昇。しかし、出来高は前日より減少のためフォロースルーデーではない。

・9日目に7.15%の上昇かつ前日を上回る出来高。ここがフォロースルーデー

以降QQQ(≒Nasdaq)は上昇トレンドが続きました。

以上、フォロースルーデーについて調査した内容でした。

Twitterやっています。どうぞよろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。