読めないリターンを見込んでなかった話

せっかくだし、仕事で、並外れた成果を出してやろうと思う。

すると、目の前の仕事ではなく、でっかい成果がでるようなことを裏で仕掛ける必要がある。今の僕の環境だと、育成やチーム体制、文化づくりだと思っているのだけれど。

それはおそらく上司には評価ができない。というか、直接的に評価ができるような取り組みだと、大した成果もでないだろう。

一生懸命仕事して、もしうまくいったとしても評価されないだろうし、リターンがないよなぁ…社長でもないのになんで頑張るんだろう?と腐りかけていたが、誰かが見ていて、起業する時に引き抜いてくれるかもしれないし、独立したときに信頼から仕事を依頼してくれるかもしれないし、もしかしたら直接的に誰かに評価されるかもしれないし、転職したときに経験が活きるかもしれない。

今の自分の視点から、計算ができる、読めるリターンだけを考えて、割りが良いか悪いかを考えてしまっていたと反省している。当然、未来を100%読み通せているはずもない。読めないリターンがあるかもしれない。薄く広く、可能性が広がっていて、そのどれかにヒットして大きなリターンがあるかもしれない。ギブしすぎるぐらいでちょうどよい気がする。オプション性を感じる。

ということで一生懸命やろうと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。